6/12(水)vol.29「機材動画って、どうやってる?」

四日目は南1ブロックに居る私が螢屋です。何か抜けていますがとにかくも今月のvol.29「機材動画って、どうやってる?」のお知らせです。

Yebisu303 at ni-sui

シンセ機材で音楽する上で、音と操作の両方を伝えることのできる機材動画、具体的にはどうやれば作れるの?今回の講師は主にAcidジャンルで知られるYebisu303さん。マシンライブや自宅演奏の動画を発表、デジマートマガジン「Machine Live解体新書」シリーズも好評。YouTubeでのガッツリ仕上げた楽曲の演奏動画や、TwitterやInstagramではライブのダイジェストだったりちょっとしたデモ動画なんてのもよくありますが、彼の場合はどのようにしているのか、語っていただきます。

・初心者が簡単に撮る方法
・どんな機材がいいかしら?
・撮影するときに気を付けている事 等々……

音楽活動の結果、楽曲が出来たりライブに出演したりするわけですが、これを次へ繋げていくのにも動画にしてネットへ公開するという手段は有効です。いつもやってる、以前やったことがある人も、初めての人も、どうやってやるものなのか参考になると思います。

■追記: 同時上映「足止めチャレンジ《リローデット》」
前回の作曲過程の話とその進捗報告の続き。前回居なかった奴(ら)が帰ってきます。

■更に追記: 無限軌道イベントレポート「Ableton and Max Community Japan #001」
Ableton Liveでも動作し、オーディオやらMIDIやらをモジュールの組み合わせやビジュアルプログラミングで処理する環境 “Max” のイベントを無限軌道さんがライトニングトーク。

====

vol.29の開催要項はこちら。機材持ち込み時の注意点も末尾にありますのでどうぞ。企画は当日の状況で時刻変更、前後する場合があります(今回は順不同になりそうです)。ご了承ください。

■2019年6月12日(水) ni-sui(二水)第29回 機材動画って、どうやってる?
・企画: 音と操作の両方を伝える機材動画、具体的にはどう作るか
regular timetable:
19:00 open
20:00 event start
●機材動画って、どうやってる?(Yebisu303)
・初心者が簡単に撮る方法
・どんな機材がいいかしら?
・撮影するときに気を付けている事
●足止めチャレンジ《リローデット》
・作曲過程/どういう手順で作ってる?
・進捗報告/いま作ってる曲どんな感じ?
●イベントレポート「AMCJ #001」
・サウンドプログラミング環境Maxのイベントの模様を報告
22:00 event end
23:00 close
※ イベントの前後は、機材セッション有りのご歓談タイムです
fee:
2,000 yen / 1D
at:

 
※ 一年間、偶数月第2水曜日の予定ですが、各開催回において日時、企画、その他に変更のあった場合は当サイトでお知らせいたします。
※ 各回のテーマ(お題,ネタ)を企画として行いますが、特に縛りということではなく、話のきっかけと考え、あまりとらわれることなく盛り上がっていただければと思います。
※ 推奨ハッシュタグ: #二水_茶箱

機材持ち込みの際はその出力に応じたラインケーブルをお持ちいただくとスムーズです。受け入れるミキサー側は基本6.3mmフォンのモノまたはL/Rペア、一部がRCAピンのL/Rペアとなります。
複数の機材を持ち込んで同時に鳴らしたい場合、受け入れミキサー側のインプットが足りなくなる場合もありますので、持ち込み分をまとめるサブミキサーをご用意いただくのが確実です。
電源は、電池駆動可能なものは電池の準備をしていただくのがスムーズです。ACコンセントの用意はありますが、オーディオ向けのあまり間隔の空いていないタイプなので,ACアダプターを使う場合はショートタップも用意しておくといいかと。そうでないと、口自体に空きはあるのにACアダプター同士が干渉して(ぶつかって)入らないことがままあります。
ケーブル、変換コネクター、ACアダプターなど、他の人の機材や資材と取り違えないよう、当日だけでもシールを貼ったり目印テープを巻くなどしておくと、トラブルを避けやすくなります。特に同一機種が集合しがちな二水では本体自体にも!

では。皆さんのお越しをお待ちしております。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください