YAMAHA QR10 and AN200

ni-sui(二水)第8回御礼&次は6/14(水)で「ジャンル別!ビート研究」

この春はあんまし苺を食してない私が螢屋です。ni-sui vol.8「YAMAHAも捨てがたい」無事終了しました。

ni-sui vol.8 set

当日の様子と写真を続きに…

続きを読む

YAMAHA reface CS

reface CSもあるらしいni-sui(二水)第8回「YAMAHAも捨てがたい」ゲスト:ヨナオケイシ

本日5月10日(水)が二水の第8回な私が螢屋です。ヤマハ回です。

compilation from ni-sui vol.7 [cover image]

第7回でレコーディングしたコンピCD「二水でみんなで作った曲 コンピレーション」が本日より正式頒布(500円)です。録音参加者には1枚無料です。

YAMAHA reface CS

機材顔ぶれ的には無限軌道さんがYAMAHA reface CSを持ちこみ予定。僕はSU10とTX81Zを。

そしてゲストはYAMAHAといえばFM音源、というわけでヨナオケイシさんです。近日にFM音源楽曲を聴くイベントを主催されるそう。

続きを読む

YAMAHA SU10

発掘!YAMAHAシリーズ「SU10」 ni-sui(二水)第8回は5月10日(水)

私が螢屋です。第8回に向けてYAMAHAのサンプリングユニットSU10を発掘しました。

YAMAHA SU10 (upright)
そういやこれで曲作ったことなかったなあと思ってざらっとマニュアル読んで自分の曲や別環境でサンプリングしたものをパッドにアサイン。いざSONG組もうと思ったら一発録りのみで編集はおろかオーバーダブも無し!テンポもなくて絶対時間でパッド操作が記録されていく仕組み!昔の機材すげえな!

まあなんせ1995年(ダウンロードしたPDFの取扱説明書に©1995の記述が…)にモバイルサンプラーを、4万円程で出してたんで色々しょうがない。今回はあんましメモリ消費しないようにサンプリング品質を下げてLongモード(録音時間長さ重視)で使っていて、これまた往年の微妙で絶妙なロービット・ローレートで使う者の変なスイッチを押しにかかりますな。で撮ったデモがこれ:

このSU10も当日持ちこみ予定。触れる状態にしとこうと想います。さて開催要項はいつも通り続きに再掲。

続きを読む

YAMAHA TX81Z

ni-sui(二水)第8回の5月10日(水)に備えてYAMAHA TX81Zを発掘

私が螢屋です。第8回に向けてYAMAHAのFM音源モジュールTX81Zを発掘しました。

4/10(水)はni-sui vol.8がYAMAHA回なのでTX81Zを発掘した #二水_茶箱

A post shared by 螢屋(HOTARU-YA) (@technomover) on

Ableton Liveでソフト音源からドラム鳴らしつつMIDIフレーズ組んでTX81Zから音出るのを確認。記憶にあるくぐもり具合に対して、思ったよりきれいというかハッキリした音でした。昔の自分の環境と違って、ちゃんとパワードモニターで出してるからってのもありそう。TX81Zは当日現場に持ち込む予定。ちょっと拭いてはあるけど、長年の放置でついた埃がそれでは取れてないのが写真撮って気付いた…。

ではいつも通り開催要項を続きに再掲。

続きを読む

acid_me at ni-sui vol.7

ni-sui(二水)第8回は5月10日「YAMAHAも捨てがたい」ゲスト:ヨナオケイシ

M3-2017春の終わりに私が螢屋です。おかげさまで当日、ni-sui vol.7で録音した2曲とそれぞれのリミックスを収録したコンピレーションCDを先行頒布することができました。ni-sui vol.8にて本頒布開始となりますのでよろしくお願いいたします。

compilation from ni-sui vol.7 [cover image]

コンピCDについてはまた書きたいと思いますが、まずはvol.8のお知らせです。

ni-sui(二水)第8回「YAMAHAも捨てがたい」2017年5月10日(水)

■ゲスト: ヨナオケイシ

というわけで第8回のテーマはヤマハ。YAMAHAが最も世界に影響を与えたシンセサイザー方式といえばFM音源(まあVOCALOIDもありますが)、FM音源といえばこの方!というわけでヨナオさんにご来場をお願いいたしました。ヨナオさんはゲーム音楽を主戦場とする作曲家でらっしゃいますが、デビューがちょうどFM音源チップがパソコンに使われていた頃にあたり、FM音源の名手として知られているのと、近年FM音源イベントの出演、また自ら主催されるなど、活躍しておられます。

regular timetable:
19:00 open
20:00 event start
cheers, special program, beat making/live, etc
22:00 event end
23:00 close
※ イベントの前後は、機材セッション有りのご歓談タイムです

 

fee:
2,000 yen / 1D

 

at:

 
※ 一年間、毎月第2水曜日の予定ですが、各開催回において日時、企画、その他に変更のあった場合は当サイトでお知らせいたします。
※ 各回のテーマ(お題,ネタ)を企画として行いますが、特に縛りということではなく、話のきっかけと考え、あまりとらわれることなく盛り上がっていただければと思います。
※ 推奨ハッシュタグ: #二水_茶箱

acid_me at ni-sui vol.7

ではGW連休明けの水曜日、茶箱でお会いしましょう。